父、ハーレーを買うの巻き

アクセスカウンタ

zoom RSS 車検と免許

<<   作成日時 : 2010/03/20 23:35   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 6

父が良く見るハーレーのサイトは主に
HDN
ヴァージンハーレー
の二つです

そのウチのひとつ
ヴァージンハーレーでちょっと話題になったので
このブログで取り上げてみます

取り上げるといっても
表題にある車検と免許について父の考えている通りに書くだけですが(笑)

まず車検の話から入ります

250cc以上のオートバイには車検が必要です

まず疑問
なんで?

車検ていったいなんでしょう

多分、バイクが安全に走れるかどうか2年に1回調べますよ
というのが大義名分
まぁホント大義名分だと思います

250cc未満のバイクは車検いらないんですから
まぁ小さいバイクはスピードも出ないし
大丈夫じゃないのってことで車検がないんでしょうか?

そもそもこの法ができたときの事がわからないので父にもわかりません
(勉強不足でスイマセン)

でも「多分」小さいバイクやスクーターはいいやってなったんでしょうね
もしくは小さいバイクやスクーターは見逃してってなったか

でもユーザー車検受けた事ある人ならご存知かもしれませんが
車検って尖った鋭利なパーツが付いていると危険だから通らないんですよ

じゃあ、スクーターに尖ったパーツ付けてもいいの?ってことになりますよね

整備不良はもちろんですけど
安全性も車検の時には見てるんですよね

でも250cc以上だけ...

なんででしょう
不思議です

他にも不思議な事あります
ブレーキ

ブレーキって素人が分解して掃除しちゃだめなの知っています?
「ブレーキなどの分解整備が事業として行えるのは、国の認可を受けている 認証工場だけです。
作業場の面積や設備、メカニックや整備士の技術など、全ての面において国の厳しい基準をクリアしている優良な整備工場です」
とまぁどこかのHPに書かれています
これはそのHPが勝手に書いているんじゃなく「道路運送車両法」という法で定めているんですよ

え?
ブレーキパッド交換するのはどうなんですか?
って聞きたくなりますよね
父も聞きたくなります

実はブレーキパッドの交換は分解整備です
つまり素人がやってはいけないんです

おっと、誤解があるので補足します
ブレーキを含む車両の整備・管理は使用者がする事になっています
なので自分のバイクのブレーキパッドを交換するのはいいんです
でも、修理に出すにはちゃんとした人に出してね
ってことなんですよ

ちょ、ちょっと待ってよ
そんな大事な部品ならスクーターは何年でも放って置いていいの?

正解は「ダメ」です

ソーダよね
ソーダろう、ソーダろう
って

じゃあ誰が見るの?

はい、ここで出てきます「免許」です
さっきも書きましたが使用者です

免許を取ったときの事、覚えていますか?
ブレーキの構造など勉強して
「運行前点検」という「今日バイクを走らせてもいいか」をチェックする義務が運転者にあるんです

なので
ライトが切れているバイクに乗っていると
お巡りさんに捕まるんです
「整備不良」で捕まるんです

えーと
話が長くなってきたのでまとめます

バイクを乗るにはそのバイクの運行前点検が必要
もしブレーキなどの重要な部分に異常があった場合、自信が無ければプロに直してもらいましょう
あと、250cc以上のバイクは2年に1回検査も受けてね

とまあ
こういうことです

話を最初に戻します

車検ってなに?
その3行を読む限り
運行前点検が義務付けられているのであれば
車検っていらないんじゃないの?
最後の1行いらないジャン

ここでちょっと父の大人な部分がささやきます
「大人の事情だよ」
あー
まー
わかります
この世の中「大人の事情」がたくさんあります
NHKでコーラの事をコカコーラと言ってはいけない事と一緒ですね(笑)

でも
ココ大事です
もう1回言います

運行前点検が義務付けられているのであれば
車検っていらないんじゃないの?

突然、話が変わりますが
父がハーレーに乗っていられるのはアメリカからの外圧によるものです

世界で一番難しいと言われた大型自動二輪を教習所で取れるようになりました
コレUSA外圧です
(父的にはありがとう)

素人には難しいといわれていたユーザー車検が父でも出来るようになりました
コレUSA外圧です
(父的にはありがとう)

ショップでも難しかった構造変更が中身によりますが素人でも簡単に出来ます
コレUSA外圧です
(父的にはありがとう)

実は分解整備も昔はもっとうるさく
ココはダメ、そこはダメっていうのが外圧で少しゆるくなっているんですよ

つまり今の父のハーレーが乗れる経済状態は外圧が支えていた(笑)
もちろん、それはアメリカが父のような貧乏人にハーレーを買わせるために考えた外圧なんですけどね

まぁ結局
結論は
父的には車検っていらないから
アメリカ「車検あるせいでハーレー売れないから車検無くして」って日本に言ってくれない?

ってことですね



ホ〜と思ったら にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ ポチッとお願いします。順位が上がるとブログ更新しなきゃと思っちゃうか(笑)
ハーレーの格安パーツはharley43.com からどうぞ
楽天店も激安です
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは、こんばんは。
最初から最後まで、激しく頷きながら
読ませてもらいました。大共感です!
OTTO
2010/03/21 11:56
OTTOさん、こんにちは
きっと車検が無くなって欲しい人は多いですよね
でもこの不景気に車検が無くなれば...ちょっと怖いです
とみや
2010/03/21 12:26
車(バイク)の整備(車検)に関する制度は、なんだか中途半端な部分が多すぎなんですよね
ユーザーに責任を負わせるのかそうでないのか、本当にあやふやです
私はバイクの他に船という趣味もありますが、海の世界ははっきりしてます
船にも車検と同じく船検というのがありますが、それはもう簡単な検査です
エンジンはかかればOKですし(笑)
そのかわり海上で事故やトラブルがあれば厳しく罰せられます
車では違反を起こしても検挙で反則金ですが、船の世界では逮捕、罰金です
エンジントラブルで海上保安庁に救助を要請しても、後から厳しいお咎めがあります
高速道路で故障して、おまわりさんが来たとしてもそれで懲罰はないですが、船の世界ではコッキリやられます(汗)
つまり自分の船は自分でしっかり整備し責任を負いなさい
という事です
話が長くなりましたが(笑)
車の世界も自己責任をもっと追及する制度にしなければ車検制度を無くすのはちょっと怖い気がします
それよりも「大人の事情」をなんとかするほうが大変かな?(笑)


あつ
2010/03/23 20:28
あつさん こんにちは
正直、オンボロバスに乗って事故にあうのもイヤですし、ブレーキの効かないスクーターが家に飛び込んでくるような世の中もイヤですね
本当は車、船、飛行機、どれも人を乗せる物、又は人にぶつかれば凶器になるものは同等の整備が必要なはずですね
そう考えると車検も船検も簡単過ぎるかもしれません
かといって飛行機のように重要部品を二重化したりするのはコスト的に不可能なのでしょうね(ここで人の命よりコスト重視かという議論も起きてきますね)
運転者にパイロットと同じくらいの訓練期間を義務付けることも、パイロットと同じくらいの自己管理を...ときりが無いですね
本当はパイロットと同じく半年に一度義務付けられている厳しの定期適性検査があれば避けられた事故はかなりになると思います
http://tomiya.at.webry.info/200906/article_6.html
昔書いたブログです
高齢者の事故が多い事、自転車の事故が多い事を書いています
自転車は最も危ない乗り物で道路標識の意味を知らなくても公道を走れます
赤信号を知らなくても乗れるんですよね
話がそれました(笑)
4輪ドライバーも同乗者もフルフェイスヘルメットを被り、厳密な適性検査に受かったものだけが運転で切る世の中
本当は我々大人が交通事故から子供を守るためには大人に足かせが必要なのかもしれませんね
とみや
2010/03/23 22:40
高速二人乗り許可も外圧ですよんw
さんご
2010/03/24 07:59
さんごさん こんにちは
そうでしたね高速二人乗りも外圧でしたね
って一人でしか乗ったこと無いですが(笑)
とみや
2010/03/24 11:12

コメントする help

ニックネーム
本 文

北海道札幌からハーレーダビッドソン純正パーツを個人輸入して皆様へ送ります
Harley43.com
ハーレーパーツ純正部品格安販売
今までの最大は70%OFF!!
激安!!

車検と免許 父、ハーレーを買うの巻き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる